メニュー

高血圧の診断・治療

高血圧の定義は診察時の最高血圧が140mmHg以上、最低血圧が90mmHg以上となります。

高血圧は、原因不明の本態性高血圧と原因の疾患がある二次性高血圧に分けられます。90%が本態性高血圧と言われています。

本態性高血圧は生活習慣病の代表的なものであり、喫煙、食生活、運動習慣が大きく影響してきます。

高血圧は基本的に症状のない病気です。ですから治療の目的は症状をとることではなく、高血圧によって引き起こされる脳卒中や心筋梗塞を予防することです。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME