メニュー

高血圧の治療

2019年の高血圧治療ガイドラインより

成人における診察室血圧での高血圧の基準は最高血圧が140mmHg以上、最低血圧が90mmHg以上となっています。

また、家庭血圧での高血圧の基準は最高血圧は135mmHg以上、85 mmHg以上となっています。

 

高血圧は、原因不明の本態性高血圧と原因の疾患がある二次性高血圧に分けられます。90%が本態性高血圧と言われています。

本態性高血圧は生活習慣病の代表的なものであり、喫煙、食生活、運動習慣が大きく影響してきます。

高血圧は基本的に症状のない病気です。ですから治療の目的は症状をとることではなく、高血圧によって引き起こされる脳卒中や心筋梗塞を予防することです。

 

健康診断で高血圧を指摘されたなどで当院を受診された場合は、まず現状をただしく評価します。本当に高血圧なのか、どの程度の血圧で推移しているのか、血圧が高いことで臓器の障害が生じていないかなどを確認します。そして二次性高血圧の可能性がないかを評価します。

高血圧と診断がついても生活習慣病は多くの場合治療を急ぎません。まずは生活習慣の見直しを行って食生活、運動習慣の改善を試みます。それでも血圧の改善がなければ薬剤での治療を相談していくことになります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME