メニュー

虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)の診断・治療

狭心症、心筋梗塞虚血性心疾患とは、心臓に血液を供給している冠動脈という血管が狭くなったり閉塞してしまうことによって生じる病気です。

一般的に知られている狭心症や心筋梗塞も虚血性心疾患に含まれます。

狭心症・心筋梗塞

心臓の筋肉(心筋)に酸素を供給している冠動脈の異常によって、胸の痛みや締めつけるような圧迫感を伴う病気が狭心症です。これにより、心臓が壊死してしまった状態を心筋梗塞といいます。

原因

高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満などの生活習慣病や喫煙によって冠動脈に動脈硬化が進み、狭くなったり閉塞してしまうことが原因です。

治療

まずは冠動脈の狭窄の状態を正確に把握し、それにあわせて内服治療、カテーテル治療(血管内治療)、外科治療(冠動脈バイパス術)から治療法を選択します。

カテーテルやバイパス手術で血行再建した後も再発することがあるので治療後の管理も重要です。

虚血性心疾患は循環器疾患の柱のひとつであり胸痛などの症状で心配がある方はぜひ当院を受診してください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME