メニュー

心不全の診断・治療

心不全心不全は、心臓が排出する血液の量が不十分で、全身が必要とするだけの循環量を保てない状態をいいます。

心不全におちいると、手足の冷感や、意識レベルの低下、倦怠感、呼吸困難等の症状が現れ、死に繋がることもあります。

診断・治療

心臓のエコー検査等で心臓のポンプ機能を調べたり、心臓の弁の異常がないかを確認し、心不全があるのか、さらにその原因を調べます。治療の基本は薬物治療で、利尿薬や心臓の負担をとる薬が中心となります。

今まで楽に移動できていた距離で息切れがでる、足がむくんでくる、夜に横になると息苦しくなる、などは心不全の症状の可能性があります。当院で相談してください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME