メニュー

不整脈の診断・治療

不整脈とは、心拍数や心臓の鼓動のリズムが一定でなくなる病気の総称です。ほとんど気にしなくて良いものからすぐに治療が必要なものまでさまざまな種類があります。

不整脈によっては心筋梗塞、心筋症、弁膜症などが引き起こされたり、突然死の原因となることがあります。

不整脈の症状としては、動悸、めまい、失神、胸部違和感、息切れ、胸痛がありますが、症状が出ない場合もあります。

当院には動悸を訴えて来院される方がよくいらっしゃいます。動悸とは自分の心臓の拍動を感じ取ってしまうことを指します。つまり動悸は患者さんにしか分からない自覚症状であり、これをまずは客観的な心電図として確認して不整脈が存在するのか(正しい脈でも動悸を感じることはよくあります)、どのような不整脈なのかを判断します。

治療

まずは、心電図等を用いた検査から不整脈の診断をいたします。

治療は抗不整脈薬など、投薬によって、不整脈を抑えたり、脈拍をコントロールしたりする治療が一般的です。その他、ペースメーカーや植え込み型除細動器 を導入する外科的な治療があります。最近ではアブレーションという血管内治療(カテーテル治療)で不整脈の原因を取り除く方法もあります。

健康診断で不整脈を指摘されたり、動悸で困っている方は是非当院に相談してください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME