メニュー

歯周病の治療・予防

歯周病(歯槽膿漏)とは、細菌によって口の中での炎症を引き起こす病気です。

特に歯と歯肉(歯茎)の間にある歯肉溝と呼ばれる部分に磨き残しなどがある場合、歯垢(プラーク)と呼ばれるネバネバとした細菌のかたまりが付着します。プラークには、数億個の菌がいるとされていて、その中でも歯周病を引き起こす菌によって、周囲が赤く炎症します。

治療について

歯周病は、予防・治療が十分可能なものになっています。しかし、病状が進んでしまったものについては、治療が困難なケースもあります。

歯周病の初期・中期は痛みなどがなく気づきにくい病気ですが、進行すると歯だけにとどまらず、からだ全体に悪影響を及ぼします。当院では歯科医院での定期的な歯周病検診を積極的におすすめしています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME